平成30年12月23日(日)は、自宅で高校駅伝2018をTV観戦

高校駅伝



けんこうカイロプラクティックセンターのアスリート・パフォーマンスアップ・ケアを受けて下さっている選手達が出場しました。

お一人は、関東地方強豪校のY君

Y君は、2週間前にも来院

その時は、まだ正式に選手に選ばれていたわけではなく、選考段階でちょっとピリピリしていたかな。

無事、都大路走っていてよかった (*^o^*)

高校駅伝で活躍した選手達が箱根駅伝でも活躍するでしょう。

Y君もすでに箱根駅伝強豪校に進学することが決まっているようですので、来年のお正月は箱根で応援します。





もう一人は、高知県から来院してくれていたT君

最初は、お父さんと一緒に来院

その後は、ひとりで新幹線で来院してくれて静岡市にも詳しくなった

高校駅伝常連校での寮生活

大変だったと思いますが

昨年の都大路に引き続き連続出場

中継所の映像で成長した姿をみて、感動

高校駅伝も箱根駅伝もやっぱりトップ集団の映像がほとんどで、なかなか中盤から後続集団はうつらないことが多く・・・・





長距離選手のパフォーマンスアップ・ケアには、短距離選手とは違った専門的なチェック方法が必要

痛みの部位をケアするのではありません。

痛みのケアをするのは、あたりまえ

当院の使命は、痛みのケアをして、その後競技で活躍してくれることが目的です。

活躍するためのケア




こんな選手に来院していただきたい

[check]なかなか自己ベストが更新できない

[check]すぐに怪我をしてしまう

[check]記録が伸びなくて、精神的に追い込まれている

[check]腰痛がある

[check]捻挫が治らない

[check]肉離れを繰り返す。