生命保険代理店になりました。

けんこうカイロプラクティックセンター 岩崎久弥(いわざきひさや)です。






今日は久しぶりにブログを更新






実は、今年3月、生保一般課程試験(生保募集人試験)は、生命保険の勧誘や販売をする人は、全員受験し、合格しなければならない試験です。




無事このテストに合格、生命保険代理店になりました。






100点満点中、98点だったのですが、間違った二問はまったく初めて見た問題、当てずっぽうで解答しましたが、やはり間違っていたようです。




ちなみにどんな問題かというと


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


生命保険の問題




保険会社に所属すれば、代理店になれるというのは私の無知でやはり生命保険のことを勉強しないといけません。






生命保険|けんこうカイロプラクティックセンター






生保募集人は、ライフコンサルタントとしてお客さまと接していくから専門的な知識が必要なのです。








なぜ私が生命保険代理店になろうかと思った事をお話しします。








けんこうカイロプラクティックセンターを静岡市に開業して16年、多くのお客さまと接してきました。






なかにはガンと診断されたりされたり、大病をして入院してしまったり、退院されてから来院される方がいます。






癌になってしまったら生命保険はどうなる






万が一ではなく、2人に1人が癌と診断を受ける確率です。






二分の1だとコイントスと同じ確率






癌はコイントスと同じ確率






まさに「丁か半か」です。






お客さまから、「癌の手術を受けたのだけど、生命保険の契約が古くて、先進医療にかかれなかったよ」とか




「入院日数はたりたけど、通院で保障が足りなかったよ。」なんていう話をして下さるお客さまもいました。




その時は、聞いていただけですが、自分自信が急性心筋梗塞で入院をしてから、なにか自分に出来ることはないかと考えるようになっていきました。






けんこうカイロプラクティックセンターのお客さまのなかに、生命保険代理店の方がいて、その方から話を聞いていく内に、自分も生命保険代理店になって安心して生活をしてもらうアドバイスがしたいと考えるようになりました。








あなたは、大病をしたときにWebや電話の向こう側にいる人に保険請求のアドバイスをしてもらいたいですか?




それとも大病をした時に、身近にいてアドバイスをもらえたり相談ができる人に保険請求の手伝いをしてもらいたいですか?






令和元年度「生活保障に関する調査」によると、生命保険に加入している人は、男性では81.1%、女性では82.9%となっています。






新しく生命保険に入っていただく必要はありません、あなたの必要な保険に本当に入っているか自信がありますか?






あなたの保険は、新型コロナウイルスの入院に対応していますか?






入院日数は何日までですか?






本当に必要な保険に入っているかどうかを私に相談して下さい。






無理矢理入っていただくような保険代理店になるつもりはありません、ノルマをこなすためにストレスを抱えるようであればすぐに止めます。






けんこうカイロプラクティックセンターの通院して下さるかたのために、私の健康の知識と保険の知識を活用して、あなたに最適な生命保険のアドバイスをさせていただきます。






ぜひ一声かけて下さい。






岩崎久弥(いわざきひさや)