妻の入院保険・ガン保険を見直ししたら支払いが楽になりました。

前回のブログで生命保険代理店になったことをお伝えしたのですが、さっそく妻が入っていた入院保険とガン保険を見直してみることにしました。






生命保険証書






今まで保険募集人の方の進められるがままに入っていた保険ですが、やはり自分で勉強してみると、今まで「やられてたな」という印象がかなりありました。







「これ以上の保険はありませんよ」と言っていたNさんにすすめられるままに入っていた保険は、Nさんにとっての「これ以上のよい条件の保険」でした。いい社会勉強といったらいいのか悪いのか?







ぜんぜんダメじゃん







ここ重要です|けんこうカイロプラクティックセンター 岩崎久弥の施術



まず一番の見直しポイント



#style(class=box_green_ssm){{入院日数が60日だったことです。私が見直した保険は1095日ですから、どちらがいいのかわかると一目瞭然

その上保険料は、若干ですが安くなりました。}}






私が社会人一年生の時に、会社に来た先輩の友達の保険屋さん






おばさんでしたが、「あなたはこれに入っておきなさい」とかなり上から目線でした。






その時、もっと若いキレイなお姉さんなら24才の私は入っていたかもしれませんが、おばさんが幸いしたのか、入りませんでした。よかった。(*^o^*)






実は私、大学生の時に保険論という授業を受講していて、生命保険に入るなら、掛け捨てが一番強いという考えを教えてもらいました。






私が尊敬するその先生の考えをずっと信じていて、貯金のような生命保険はいっさい関心がなかったです。






こんかい生命保険代理店の勉強をして確信したのは、やはり保険は掛け捨てが一番いいということです。






今はiDeCoやNISAなどの税金対策になる投資信託があるので、そちらに投資した方が税金も安くなります。






ということで、けんこうカイロプラクティックセンターでは、来院して下さっているお客さまに限りますが、生命保険や入院保険の見直し相談を承ります。






保険証券をもってきて下されば、ご自分にあっているかどうかをみることが出来ます。






ガンになってしまい、使えない保険で悩まれていたお客さまとの会話から生命保険代理店になろうと考えた1年生ですが、本業のけんこうカイロプラクティックセンターがありますので、お客さまの信頼を裏切るようなことはしません。それこそ本末転倒です。お客さまのためになる見直ししかしませので、ご安心下さい。